ラベル ニュース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ニュース の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年7月7日土曜日

生後1892日目 豪雨・・・無事です

私たち家族は倉敷市に住んでいるのだが、昨日からの豪雨で市内各地に被害が出ている。幸い、自宅周辺では床下・床上浸水の被害などは無いようで、私たちは無事である。

昨晩、11:30頃に、「ドン、ドン」という2回の衝撃音がした。ニュースによるとちょうどこの時刻にアルミ工場で爆発があったらしい。結構離れた場所だが、雷と同じくらいの音量だった。

倉敷市で被害が大きかった真備町は、私の家からは車で25分くらいかかる。南北に流れる高梁川と東西に流れる小田川に挟まれた地域であり、河川の氾濫による危険性は高い場所と言えるかもしれない。とはいえ、地元の私が知る限りここまでの被害が出たことはなく、大雨特別警報の発令も、さもありなんというところである。

さて、最近の息子は平仮名がかけるようになり、簡単な漢字のドリルを使って勉強するようになった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
小学1年のかん字新版 (学研版毎日のドリル) [ 学研教育出版 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2018/7/7時点)

まだ読み書きできる漢字は少ないが、漢字が読めると自分で読める本が飛躍的に増える。ぼちぼちと頑張ってほしい。



当事者、親御さんのブログが他にもたくさん→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
更新情報は:

2018年1月12日金曜日

生後1716日目 「はれのひ」被害と支援の輪

はれのひ被害に支援の輪、ユーミン実家も もういちど…:朝日新聞デジタル

 着物店「はれのひ」が突如店を閉じ、多くの新成人たちが成人の日に晴れ着を着られなくなった問題で、支援の輪が広がっている。「もういちど成人式を」。たくさんの被害者が出た東京都八王子市では、呉服店などの有志が手作りの式典開催に向け動き出した。
ちなみに娘は2年前に地元の写真館で写真を撮ったが、成人式には出席しなかった。
晴れ着を借りての撮影はそれなりの金額になったが、一生に一度のことなので納得している。それだけに、今回の「はれのひ」の事件被害は他人事とは思えない。

今回、支援の輪が急速に拡がっていることには素直に賛同したい。業者が信頼できるかどうかなどは、素人がなかなか判断できることではないし、私たちも娘の写真撮影にあたって写真館の財務状況を調べたりはしなかった。ただ、昔からある写真館というだけで信頼していたにすぎない。

さて、息子はこのところ「公文式」の「すうじ おけいこ」で勉強するのが日課だ。この調子だと次のステップである「はじめての たしざん」を買う日も近い・・・かな。



当事者、親御さんのブログが他にもたくさん→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
更新情報は:

2017年12月26日火曜日

生後1699日目 乳幼児突然死症候群(SIDS)とベビーセンサー

最近は起床が5時くらいで、自分でも軽躁状態なのかなと思う。まあ安定剤(炭酸リチウム)も飲んでいるし大丈夫かな。明日は私の受診なので、Dr.に話してみようと思う。躁状態のついでにIT系の資格を取ろうと思い、HTML5資格の対策本を買った。


勉強して受験するまで、うつ状態に突入しないことを祈りつつ・・・

さて、朝のNHKニュースで乳幼児突然死症候群(SIDS)とベビーセンサーについて伝えていた。

赤ちゃんの突然死防止へ ベビーセンサー導入広がる | NHKニュース
眠っている赤ちゃんが突然亡くなる、原因の分からない病気、乳幼児突然死症候群=SIDSを防ごうと、保育園などで眠っている赤ちゃんの呼吸や動きをモニタリングする「ベビーセンサー」と呼ばれる装置の導入が広がり始めています。

乳幼児突然死症候群=SIDSは、赤ちゃんが眠っている間に突然死亡してしまう原因不明の病気で、厚生労働省によりますと、全国で毎年100人ほどが亡くなっていて、寒さが厳しくなる12月に死亡するケースが一年で最も多いと報告されています。
原因不明なので、いかに早く発見して蘇生措置をとるかが鍵になる。当ブログでもSIDSについては何回か記事にしてきた。


口唇口蓋裂児の父親として: SIDSの検索結果

改めて検索してみると、保育施設向けに新製品が発売されたりしているようだ。


【新発売】保育施設のSIDS対策に役立つ 呼吸見守りセンサー「IBUKI PLUS」12月4日販売開始|株式会社リキッド・デザイン・システムズのプレスリリース

保育施設では、乳幼児の睡眠中、5分おきに呼吸を確認することが義務づけられています。うつぶせ寝による事故防止策の一環ですが、これにより見守りをする保育士に身体的、心理的な負担が増加しています。株式会社リキッド・デザイン・システムズ(横浜市港北区新横浜2-3-4、代表取締役 遠山直也)はこうした保育士の負担を軽減する、呼吸見守りセンサー「IBUKI PLUS(イブキプラス)」を開発しました。
ベビーセンサーは生まれてから1歳半くらいまで使われるものなので、個人で購入すると割高感が否めない。赤ちゃん用品のレンタルで取り扱いがあれば良いと思う。また、個人で購入して用が済んだなら、積極的にオークションに出品するなどしてほしいと思う。ただしその場合、メーカーの保証が得られないかもしれない。

この写真は先週土曜日に公園のお気に入り遊具で遊んでいるところを撮ったもの。真冬なのに裸足で、元気なこと・・・



当事者、親御さんのブログが他にもたくさん→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
更新情報は:

2016年8月5日金曜日

乳児院での突然死

悲しいニュースを目にした。

うつぶせ寝、4ヶ月女児が死亡 というものだ。

 茨城県高萩市の同仁会乳児院で4月下旬、生後4カ月の女児が亡くなる事故があったことがわかった。乳児院によると、女児は発見当時、うつぶせ寝の状態だったという。

 女児は預けられて間もなかったため、他の子と違う部屋で寝かせられていた。4月25日午前10時20分ごろ、職員が心肺停止の状態で発見。病院に搬送されたが、その後死亡が確認されたという。

 女児は午前9時15分ごろに職員が寝かしつけ、その後は部屋の外から寝ている様子を確認していたという。施設の責任者は「このような事故が起きてしまい 残念。反省している。寝返りを始めたばかりの赤ちゃんは特に危険だという認識を徹底し、職員がいる部屋に寝かせるなど、マニュアルを見直した」と話した。
事故の対応として、マニュアルを見直したとあるが、それだけで十分だろうか。呼吸音や動体センサーを用いたSIDS予防機器はいくつか販売されており、導入を検討したらどうかと思う。



当事者、親御さんのブログが他にもたくさん→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ

2015年7月9日木曜日

生後799日目 東北・中学2年生の自殺について

昨夜もまたまた退社時刻が遅くなり、妻に迎えに来てもらった。息子は後部座席のチャイルドシートで眠っていた。起きていればどこかのお店に寄ろうかと思っていたが、せっかく眠っているのを起こしてしまうことになるので、そのまま帰ることにした。

妻の話では、日中には特に変わったことはなかったが、やはり岩手の中学校2年生の自殺の件が気になるらしい。

「親に言うでもなく、連絡ノートに書いてるってあたり、学校側が悩みを(結果的に)汲み取れてないのはまずいよな」 

「子どもの世界って、家か学校かで、考えの幅というか、対処の選択肢が狭いじゃない? 辛かったと思うわ。大人なら、仕事が嫌なら転職するとか、辛いならカウンセラーや心療内科に行くとか、色々あるけど」

「ともかく・・・死なないでほしいね。学校なんて命がけで行くところじゃないし。今はフリースクールとかもあるし。。。」

「うちの子は、辛い時に相談してくれる子になるかなぁ」 

「そうあってほしいけどね・・・」

・・・

息子には口唇口蓋裂があって、もしかすると外見上の理由からいじめにあったりするかもしれない。本人が跳ね返せるのが一番だが、強い対処ができる時ばかりではないだろう。そんな時に、私達に相談できる子に育ってほしい。彼が将来、悩みを自分だけで抱え込まないように・・・


私は今朝4時起きで持ち帰った仕事をしていた。明るくなってくるとモニターに眠っている息子が映る。今は業務がちょっと忙しくてなかなか遊んでやれないが、もう少しすれば・・・



当事者、親御さんのブログが他にもたくさん→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ

2015年7月8日水曜日

生後798日目 相似形

割り込み作業が多く、また退社時間が20時頃になってしまった。先週から駅の駐輪場に置きっぱなしの自転車を持ち帰りたかったので、あらかじめ妻にはそう言って電車で帰った。途中、快速が停まるはずのない駅に停車したとか、みどりの窓口で定期券の切り替えに(駅員さんが)手間取ったとかで、帰宅は21時を回っていた。

息子は起きていて、一緒に食事をしたり、わずかな時間だがソフト積み木で遊んだりすることはできた。


ふと見ると、色と形の相似形を作って遊んでいるので、同じ色や形、という認識はあるのだなと、ちょっと関心した。だが、朝5時起き・アラフォーの私には起きているのが辛い時間になってしまい、特に妻と話をすることもできずに就寝。

いや、全く話していないわけではないな・・・

大分県で起きた父親による放火事件の原因が、些細な・・・確か駅まで送ってくれるかどうかとか・・・そういうことだったのよ、と聞いた。まあ、普段の生活の中で積もり積もったものが一気に出てしまったのかもしれないが、それで子供4人を失うなんて・・・と思う。

放火に至るようなことは特殊な例だとしても、夫婦はお互いのストレスが溜まらないように、普段からよく話し合っておかないといけない。そういう私が昨日はほとんど会話できてないのだが、すくなくとも努力はする必要があるだろう。



当事者、親御さんのブログが他にもたくさん→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へ

2015年5月13日水曜日

生後742日目 5歳転落死は母親の殺人/寝てばかり

定時ダッシュで帰ると、19時前には帰宅できたりする。30%くらいの確率で息子は寝ているのだが、昨日もダイニングの床に敷いた毛布の上で眠っていた。

「ほんの30分前まで起きてたんだけど」

と妻。まあ眠ってるのをわざわざ起こすこともないだろう。規則的に小さな呼吸音が聞こえていた。

「今日はね・・・年末ぐらいに、マンションから落ちてなくなった子の母親がね、『私が落としました』って自供したってニュースがあったわ。ウチにくれればいいのに」

このニュースのことだ。

5歳児転落死 殺人容疑で母親を再逮捕、容疑認める - 産経ニュース

 東京都荒川区のマンションで昨年12月、13階の自宅から長男(5)が転落死した事件で、警視庁捜査1課は12日、殺人容疑で母親の加藤愛被告(35)=殺人未遂罪で起訴=を再逮捕した。捜査1課によると、「窓から落としたことは間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年12月29日午後11時ごろ、同区西尾久の自宅マンションで、ベッドで寝ていた長男の光希(こうき)君を抱き上げ、窓から落として殺害したとしている。
父親が少し外出したあいだに投げ落としたもので、それを発見したのは帰ってきた父親だったそうだ。

「ノイローゼみたいな感じだったのかな」

「そうねぇ。。。投げ落とすかどうかは別として、誰にでもありうるのよね・・・」

ありうるのか・・・と思いながら、ふと、少し前に4か月の赤ちゃんを殴って殺した若い父親のことを思い出した。

生後737日目 長女虐待死容疑者のSNS

あのニュースを見ても、私は「だれでもあり得る」、「私もやるかも」とは思わない。ここのところの違いはなんだろうか。

・・・

そんな話をしているあいだも、夕食が終わっても、息子は全く起きる気配がない。

21時頃、一度目を開けて、「まぁ~っ」と叫んでまた眠った。
起きないので風呂にもいれられないまま、結局息子の起きてる姿を見ないで就寝することになった。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2015年5月8日金曜日

生後737日目 長女虐待死容疑者のSNS

昨日も大変残念なニュースがあった。

「泣きやまなかったので殴ったが、殺すつもりはなかった」 長女殺害容疑の21歳父親供述 鳥取・倉吉 - 産経WEST

生後4か月の赤ちゃんを骨折・死亡するほど殴る人間の神経は理解できないが、そうした可能性がある男と乳児を二人っきりにして外出することの危険性は妻には認識できなかったのだろうか。

こうしたニュースには容疑者のフルネームと大まかな住所が掲載されているため、SNSなどで個人を特定することは容易だ。どういう人間なのか・・・と少し見てみると、以下のような点が気になった。
  • 子供をはじめ、家族の存在が感じられない
  • 自分の文章はほとんどない。あっても短く、語彙が極端に少ない
  • 画像や動画の「シェア」ばかり
  • シェアの多くは自動車や格闘技、あるいはマルチまがい商法等
私から見ると友達以前にお知り合いにもならない、つまらないタイプに映る。私は男性だが、女性から見てもSNSがこの状態の男性は、交際の対象にはならないのではないか・・・

そう考えると、今の御時世、お付き合いを始める前にはSNSの投稿内容も重要なチェックポイントではないかと思われる。こうした虐待死事件の容疑者のSNSを見ておけば、そうした傾向も掴めるのではないだろうか。これからの若い人(特に女性)は、そのくらいの自己防衛はするべきだろう。

・・・

昨日は私の帰宅が遅くなったため、あまり息子と遊ぶことができなかった。それでも少しハッキリした「アンパンマン」は聞くことができた。「育つ」というのはこういうことの積み重ねなのだなぁ。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2015年3月5日木曜日

生後673日目 右眼にも「ものもらい」/ベビーマッサージで死亡

昨日は自分の母親を下肢静脈瘤手術後の受診で医大附属病院に連れていった妻。義母は足首辺りに少し痛みを感じているそうだが、レントゲンなどの検査では特に異常なし。術後だから違和感くらいはあるだろう、ということで経過観察。

息子は私が出社した後で起きたのだが、その時右の上瞼も大きく腫れてしまったそうだ。
これは腫れが引いた夜の写真なのでわかりづらいが・・・。

そんなわけで医大附属病院に行ったついでに、急遽息子の眼科受診。 Dr.に確認したところ、よくあることらしく。。。

で、せっかく医大附属病院まで来たので、お嬢さんが口蓋裂手術で入院しているWさんのお見舞いにも行ったそうだ。手術は先週金曜日だったが、昨日(術後5日目)になってようやく、ちょっと食べられるようになってきたそうだ。また明日には息子の眼科受診で行くので、もっと元気になった姿を見られるだろう。

・・・

昨日は、無資格で乳児の首をひねる施術をして死亡させたNPO理事長が過失致死罪で逮捕されたというニュースが話題であった。

「「ズンズン運動」で乳児死亡、容疑のNPO元理事長を逮捕」 News i - TBSの動画ニュースサイト

赤ちゃんの体を揺さぶることで、アトピー性皮膚炎やダウン症に効果があるとうたい、1時間1万円で施術していたということです。

 「ズンズンという揺らぎと共にこのだっこをすると、宇宙につつまれた私たちの体の成長を感じて生きていける」(姫川尚美容疑者・NPO法人のDVD映像)

1時間1万円とるのに”NPO”とはどういうことかと思うが、それを置いといても、赤ちゃんを揺さぶってアトピー性皮膚炎はおろかダウン症にも効果があるとは、トンデモもいいところだ。「宇宙」云々に至ってはもはや何を言っているのか分からない。


残念なのは、こうした事故が以前にも起こっているにもかかわらず、その後の被害を防げなかったことだ。

 他にも、赤ちゃんの首を90度以上ひねったり、背中を海老ぞり状態にする施術を行っていました。姫川容疑者をめぐっては、過去にも施術を受けた別の幼児が死亡する事故が起きています。

無資格者が指圧やマッサージの類、それも頚椎周りに施術することは危険極まりない行為だ。ここで言う資格とは、すくなくとも国家資格でなくてはならない。万が一のことを考えれば、専門の医師以外に触らせるのは無謀な行為である。それが乳幼児であるならなおのこと。

お母さんの不安や悩み(病気、夜泣き、発達の遅れ・・・)につけこんで儲けようとする怪しげな民間療法が巷には溢れている。お金を取られるだけならまだしも、障害を負ったり死んでしまったりしては悔やんでも悔やみきれない。民間療法に騙される人が一人もいなくなってほしいものだ。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2015年2月16日月曜日

生後656日目 新生児異常発生率調査の結果

福島県での新生児異常発生率が全国平均と変わらないという調査結果が発表された。

県内の新生児異常発生率 全国と変わらず 県民健康調査 | 県内ニュース | 福島民報

 東京電力福島第一原発事故を受けた県の「県民健康調査」で、平成23~25年度の3年間で県内の新生児に先天奇形・異常が発生した割合は一般的な発生率 と差がなかった。一般的発生率は3~5%とされるが、県内は2%台だった。12日、福島市で開かれた同調査検討委員会で報告された。委員会関係者は「県内 で放射線の妊産婦への影響は考えにくい」と指摘している。

一部の人は既に、査読もされていないロシアのチェルノブイリに関する本のいい加減なデータを元に「影響が出るのは4~5年後から!」と言っているようだが、断言しておこう。来年も再来年も、原発事故の放射線の影響による先天異常の増加はない。

私がこんなことを書くのは、口唇口蓋裂という疾患が放射線被害の不安を煽るネタに度々使われるからだ。それは恐らく次のような理由からだろう。
  1. 外表奇形、しかも顔面なので分かりやすい。
  2. 発生頻度が1/500と最も多いもののひとつ。
だが、口唇口蓋裂の原因は分かっていない。現段階では
  • 多因子遺伝と思われる 
  • 遺伝的要素の他の要因も複雑に絡みあって発生する
ということが分かっているくらいである。仮に、今回の事故レベルの放射線の影響で口唇口蓋裂が発生(増加)するという機序を正確に説明できるなら、医学・生物学上の大発見なのですぐさま論文にして発表すべきである。それができないなら、少なくとも統計学上妥当な手法を以って、明らかに増加したというエヴィデンスを示すべきである。

だが、不安を煽る連中はそんなことはどうでもいいのだろう。

身近に発生しうる新生児の先天異常のなかで、一番わかりやすいものの一つ・・・口唇口蓋裂をネタにして、注目を集めたいだけである。

そんな連中のブログやツィートを見ても、何一つ信頼できる根拠は存在しない。熊本のヤブ医者のブログなど、最初から最後まで印象操作のみで構成され、これがいやしくも医者の文章かと逆に哀れになるくらいだ。不安を煽ってPVを稼ぎ、DVDや本を売ってきた連中は、大多数の人が「実際のところ」を知るに至って商売が難しくなってきたのだろう。某自称ジャーナリストなどは、反論を掲載したブログ主を次々に「名誉毀損で訴える」と脅して記事を削除させているという。これはジャーナリストにあるまじき行動だ。言論には言論で立ち向かわなくて、何のジャーナリストか。

貧すれば鈍するというが、金銭や生活に余裕がなくなると精神・頭脳の働きまで鈍くなってしまう。誰の目にも明らかなデマを吐き、検証もされていない噂話に飛びつき、数少ない同意見の人の主張を無条件で支持するようになる。論理破綻にも気づかず、周りからどんどん人が遠ざかり、さらに貧しくなる負のスパイラルである。まあ、全く同情しないが。

私が心配してきたのは、妊婦さんがこうしたデマに影響を受けて過剰なストレスを受けることであった。特に胎児が口唇口蓋裂と診断されたお母さんが、心ないデマで傷ついてきたことは見逃せない。事実は、調査で明らかなように、新生児異常発生率の増加はなかったという一点である。全国どこ都道府県の妊婦さんも、その点は知っていただきたい。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2015年1月27日火曜日

生後636日目 危険ドラッグの犠牲者

「危険ドラッグ」を使用後に車で事故を起こし、当時11歳の女子小学生をはねて死亡させた男に、懲役12年の実刑判決が下された。

危険ドラッグ使用で事故 男に懲役12年 NHKニュース

”判決のあと、事故で亡くなった女子児童の両親が記者会見を行いました。

この中で、父親は「12年という判決は遺族にとっては厳しいものだと思う。求刑が15年だったのに、なぜ3年間縮められたのか納得がいかない点もある」と話しました。

そのうえで、父親は「娘の事故のあと法律の規制が強化された。今後、娘のような犠牲者が出ないよう、娘も見守ってくれるのではないかと思っている」と話しました。”



昨晩のNHKの9時のニュースでは、一人娘を失った御両親の・・・特にお母さんの心情を丁寧に伝えていた。

娘さんを亡くしてからの1年、お母さんはその気持を何冊ものノートに書き綴ってこられた。というより、悲しみや苦しみをぶつけてこられた。それは文章になっていることもあれば、ノート一面に書かれた娘さんのお名前であったり、感情をそのままぶつけた荒々しい線であったり。悔しさのあまり、ボールペンでノートを突き刺したこともあるという。

妻もニュースを見ていたが、亡くなったお子さんが一人娘であるとTVが伝えると、「まあ・・・」と言ったまま絶句していた。妻自身、幼い双子の弟妹を交通事故で失った、交通事故被害者の家族である。妻の両親・・・とくにお母さんは何年も精神的にどん底を彷徨ったと聞く。だが現在、完全ではないにしろ立ち直れたのは、妻をはじめ残った子供達が居たからだろう。

「私だったら何にもできなくなる。時が止まってしまうわ・・・」

「あんなクスリやるやつは人間じゃないね。・・・しかし懲役12年かぁ。。。」

ニュース内でお父さんが言及していた規制の強化は、以下のサイトにまとめられている。

くらし☆解説 「危険ドラッグ 規制強化で効果は?」 | くらし☆解説 | 解説委員室:NHK

簡単にいえば、規制対象が大幅に拡大され、成分の分析を待たずに販売を禁止することができるようになったのが最も大きな改正点である。この他にも様々な対策がなされている。効果があがるには時間がかかるだろうが、これ以上の被害者を出さないためにも必要なことだ。

・・・

息子の世話をしていて、面白かったこと。

スポーツドリンクを「まぐまぐ」で飲ませていたのだが、飲み終わると・・・

「くはぁ~」

と大きな声。妻も私も大笑いしてしまった。

「ビール飲み干したおじさんみたい。どこで覚えた(^^)?」

面白いのでそのあとも何回か飲ませてみたが、飲み終わるたびに

「くはぁ~」

・・・面白いヤツだ(^^)



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2015年1月21日水曜日

生後630日目 玄関で落ちる/ISISの身代金要求

夕方の駅に迎えに来てくれた妻が、地元で有名なセルフうどん店に向かう車中で、日中の息子の行状について教えてくれた。


「今日は玄関で落ちました」

「そうなの?」

私は助手席に座っていて、息子はその後ろのチャイルドシートで何かウニャウニャ呟いたりキャーと叫んだりしている。少なくとも大きな怪我はなさそうだ。

「私が電話していたら、廊下の方に消えまして・・・ しばらくしたらウワァ~と聞こえたので」

「うん」

「行ってみたら 玄関のタタキのところで横に伸びていました」

食事から帰宅してよく見ると、額の左側が少し赤くなっていた。ぶつけたのだろう。

写真ではほとんど分からないが・・・。
玄関の段差は測っていないが30~40cm。一応2段の木製の踏み台を用意してあり、息子も降りようとするときにはそれを使おうとしていたのだが、慌て者なので何らかの形で踏み外したらしい。ま、いいか・・・(^^;

・・・

昨日の日中、妻がわざわざSMSでISIS(イスラム国:私はあのような非人道的で暴力的な集団に対して「イスラム」の名を使うことを最小限にしたいので、この略称を用いる)の日本人人質事件について知らせてきた。

今まで動画で処刑を配信してきたことはあったが、殺害を警告しての身代金要求を動画にしたのは初めてではないか・・・と思ったら、どうやらそのとおりのようだ。欧米とは若干、対応に違いがあるのか。

邦人人質:身代金要求動画は初めて - 毎日新聞

「人質殺害の様子などを撮影した従来の映像では、米国など有志国連合に攻撃の中止を求めている。今回のように殺害を警告しながら、表立って政府に身代金を要求するのは初めてだ。」

人質となっている2人の日本人のうち、湯川氏はISISの敵対勢力部隊に入っており、いわば自ら戦闘に参加した人。もう一人の後藤氏はフリージャーナリストで、戦闘に加わったわけではないが自ら進んでそうした危険な地域に入っていった人だ。自己責任という言葉はあまり好きではないが、こうした状況を予測し、回避することは十分可能だったと考えられる。

人命が関わることなので、日本政府がどのような対応をすべきだとかいったことを軽々に論ずることはできない。

だが、ISISが日本人を処刑するようなことになれば、中東に多い親日的で穏健なムスリムの反発を一斉に招くことは想像に難くない。ISISはこうした脅迫がデメリットしかもたらさないことを改めて知るべきである。間違いなく、誰よりもイスラム教の神に泥を塗っているのはISISである。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2015年1月16日金曜日

生後625日目 突然の訪問/ローマ法王の言葉

昨日の日中、妻はどこにも外出しなかったそうだが、予告なしでリフォーム業者の社長さんが現れて焦ったそうだ。この業者さんはものすごく子供好きで、妻はお気に入り。少々リフォーム工事の内容で行き違いがあっても許してしまう(笑

生後537日目 子供好きの業者さん

社長さんが来たのは、娘の部屋の床の一部が少したわむことの相談。私達全員、リフォームが終わってから気づいたのでしかたない。社長さんは方法を検討して後日連絡してくれるそうだ。2階の娘の部屋に上がる時に、階段ゲートを見て・・・

「ほぉ、これは! どうされたんですか!」
 「階段登って、落ちるんです(T_T) しかも頻繁に」
「そうですか! 落ちたら危ないですね!」
「まあ、落ちたって言っても1・2段ですけど・・・ ともかく嬉しくて動きまわるんです。。。」
こんな会話になったそうだ。社長さんはとにかくテンションが高くて爽やかなので、妻も話しやすい。だが突然来られたので、部屋の中が散らかっていて、「見られちゃったなぁ・・・」と呟いていた。

その社長さんが帰るときにも、息子は大泣きしたらしい。ともかく「バイバイ」が大嫌い(笑

その息子、階段ゲートを設置してからというもの、私の服の裾を引っ張ってはゲートのところまで連れて行き、何かワーワーと訴えている。「ともかく コレを外せ」ということらしいが、どうせ落ちて怪我するんだから絶対ダメだ。

・・・

ローマ法王が表現の自由とテロについて、以下のように発言したらしい。

【仏紙銃撃テロ】表現の自由にも限度 ローマ法王 - 産経ニュース

 法王は、表現の自由は市民の基本的な権利であると強調。神の名によって人を殺害するのは常軌を逸しており、決して正当化できないと述べた。
 その一方で、宗教をからかう者は挑発者だと指摘。他者の信仰を侮辱したり、からかったりしてはならないと語った。
今朝のニュースでこの発言を聞いた妻も、当然だと同意していた。風刺の名を借りた侮辱は他者の心情を大きく傷つけるものであり、暴力行為と同様に戒められるべきだ。「シャルリ・エブド」が「表現の自由」の代表のような今の扱いには、大きな違和感を覚える。「私はシャルリ」と掲げている人のうち、何%が同社の風刺画を見たことがあるのだろう。私は恥ずかしくて「シャルリです」などとは言えない。

・・・

息子の左眼の下瞼の腫れ・・・若干残っているが大したことはなさそうだ。昨日外出しなかったら、就寝前にドタバタ暴れ回った。今日は子育て支援に行くかもしれない。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

2015年1月15日木曜日

生後624日目 子育てはタイヘン、だけど楽しい/脳死の女児、臓器提供

飛び込みの見積依頼と問い合わせが重なった昨日。いつもより1時間ほど遅くなりそうだと妻にSMSを送ってから残業し、1時間遅い電車に乗ってもう一度SMSを送る。
「XX:XXの電車です。バスの時間は分かりませんが、遅くともXX:XX頃には家に着きます」
すると1分後、「駅に迎えに行く」と返信があった。これは、夕食を外で済ませようということだな。

駅のロータリーで待つこと数分、チャイルドシートに息子を乗せて妻がやってきた。そのまま駅から1kmほどのセルフサービスの食堂に入る。

妻が自分の食事をとりながら息子に分けて食べさせているあいだに、私は早食いで済ませるのが習慣になっている。自分が食べ終わったら息子の世話を交代して私が食べさせる・・・のだが、ある程度食べるとお腹がいっぱいになったのか、自由にさせろと騒ぎ始めた。

というわけで妻が食べ終わるまでのあいだ、ほとんど暴れているような息子をなんとか落ち着かせようと頑張るのだが・・・全く静かにならない。その後食べ終わった妻が抱っこすると途端に落ち着くから、父ちゃんは立場がない(T_T)
「もう、父ちゃんが一生懸命してくれてるのに あんたは」
まあ、幼児にとっては 母親>>超えられない壁>>父親 なので・・・こんなもんでしょう。。。

そこから帰る道すがら、息子は光る看板や電飾を見てワーとかミャーとか言っている。
「子育てって楽しいなぁ。体力的にはタイヘンだけど
妻が運転しながら言う。
「お姉ちゃんの時とは違う?」
「全っ然違う。男の子と女の子という違いもあるだろうけど、その子によって全然違う。まあ何しろカワイイから、何か楽しい子育てしてるなぁって感じ。色々タイヘンだけど
タイヘンだけど楽しいと彼女が感じているのなら、とりあえずここまでは夫・父親として合格点だろうか。

・・・

幼稚園に入ったばかりの女の子が突然、原因不明の拡張型心筋症と診断され、心臓移植を待っていたが、ドナーが見つかる前に重い脳梗塞を起こして脳死状態となった。御両親はお子さんの臓器の提供を申し出たそうだ。

6歳未満女児脳死判定:両親の談話全文 - 毎日新聞
娘がほぼ脳死状態にあると分かった時に私たちは、心臓移植待機中のことを思い出しました。国内では臓器提供が少ない現状を強く感じておりましたので迷わず 娘の臓器を、移植待機されているお子様やそのご家族様のために提供したいと申し出ました。私たちは娘が発病してからの3カ月間、暗闇の中にいました。同じ ようなお気持ちの方に少しでも光がともせられたらと思っております。
お嬢さんの御冥福をお祈り申し上げる。

そして、尊い判断をなされた御両親の心中を察すると、胸が痛む思いだ。

ただ、談話から補助人工心臓に関する部分が移植ネットにより削除されていたようでもある。

移植ネット、両親のコメント一部削除 女児の臓器摘出 - ニュース - アピタル(医療・健康)

 《今回の娘の死によりお伝えしたいことがあります。それは小さい子に、リスクの高い一時的な簡易の機械しかつけられないという今の日本の現状です。子供用の補助人工心臓は海外では何年も前から使われているのですが、日本では使用の許可が下りておりません。

 他のお子様とご家族に同じことが起こらないためにも一刻も早く改善して頂きたいと心から願っております。

 それが、娘が命をかけて私たちに伝えたかったメッセージではないかと思っております。》
私は医療関係者ではないので、小児へ適用できる補助人工心臓にどのようなものがあるか全く知らないし、このケースにおいてどういう機器を使うのがベストであったのかもわからない。現場では技術と法律・規則のできる範囲内で最大限の努力がなされたのだろう。しかしながら、御両親のコメントにあるような状況が少しでもあるのならば、今後改善してもらいたいと思う。

・・・


超元気な息子だが、今朝起きてみると、若干右目の下瞼が腫れているようだった。妻によると少しだけ目ヤニが出ていたそうだ。痒がったりしないので、やはり様子見中。



他のブログもチェック→にほんブログ村 病気ブログ 口唇口蓋裂へにほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ